極み成分はクニッツウコン

ウコンといえばターメリックを思い浮かべる方もいますが・・・
日本のカレー粉に使われるものは、苦みが無くオレンジ色の秋ウコン(ターメリック:turmeric)です。
苦く黄色の春ウコン(ワイルド・ターメリック:wild turmeric)です。インドネシア原産でクルクミンの含有量が非常に多く薬効が強い変種がクニッツウコンです。日本では古来よりクスリウコンとして流通しています。

クニッツウコンはウコンの中でもクルクミン含有量が多く、他のウコンに比べて15~30倍、はたまた春ウコンの64倍に相当するとも言われます。

クニッツ・ウコンは世界中で数多くの漢方薬剤の原料としてが使用されています。
治療薬などにも多く使われています。

☆有効成分のクルクミン
ポリフェノールの一種です。
春ウコンのクルクミン含有率は3%程、それに比べクニッツウコンは約50%~90%もの含有量があります。

極みウコンは試行錯誤・服用テストを繰り返した結果、クニッツウコンを400mg含有しカプセル状(2包)にしたサプリメントです。
※苦味成分を緩和する為にオリゴ糖を200mg含有しています。
 


極みウコン
http://kiwami-ukon.com/staticpages/index.php/kiwami-ukon

()